2006年01月10日

野菜高騰(寒波の影響)で、どうするか01

寒波で雪がつもり、葉物野菜(はものやさい)の値段がとても高いです。海も荒れるので特に日本海側の漁が出来ず、魚が高くなります。そうすると肉を買う人が増えて、肉も高くなりがちです。

今日、2006年1月10日農水省は


価格調査をすると発表しました。

昨年12月以降に寒波が強まったことを受け、今月から当分の間、生鮮野菜と魚介の小売価格調査を毎週、実施するということです。


第1週(4−6日、全国平均)は葉物野菜の高騰

平年(過去5カ年の1月調査の平均)と比べると、

キャベツが97円(54%)高の275円
ネギは314円(42%)高の1063円
ホウレンソウが265円(40%)高の934円

アジは12円(9%)高の145円だったと発表がありました。

農水省は「寒さによる生育の遅れに加え、11月中旬からの干ばつの影響も出ている」とコメントしているようです。

この調査は、全国の小売店470店で生鮮野菜(1キログラム)と魚介(100グラム)の計11品目の小売価格を調べ、消費者に迅速に情報提供するのが目的とのこと。

(ロイターのニュースより)

考えてみると、現代人・日本人の多くは、季節に逆らって新鮮な野菜など生鮮食品をいつも食べてきて、それに慣れてしまいました。

寒さの厳しい冬は、乾物、干物、漬物、貯蔵のきく根菜類、缶詰め、こういったものを昔から食べていたのですから、有効に取り入れると良いと思います。ほしいもですか? あれはおやつでしょう(笑)

その一方で、現代風の乗り越え方もありますね。


楽天・野菜の販売人気ランキング



それは保存食、冷凍野菜、外食、通販などだと思います。最近の冷凍野菜、色々ありますね。

アンチエイジングランキング
by tomoshibi | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11537480
愛のあるトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。