2006年02月03日

甘酒02手抜き甘酒の作り方01

甘酒02手抜き甘酒の作り方です


甘酒を本格的に作るのは発酵作業があるのでパン作りと同じような感じでちょっと面倒です。なので簡単な手抜き甘酒から紹介します。


手抜き甘酒
私は超手抜き甘酒を楽しんでします。甘酒は酒粕を使うと即席ポタージュスープなみに簡単に作れます。



手抜き甘酒の材料

手抜き甘酒は甘酒の素として酒粕を使います。酒粕は、酒造りのときに酒を絞ったものなので、一般的には上等の酒を造るときには贅沢に最後まで絞り切らないようです。


甘酒用酒粕を選ぶ

スーパーや通販などで気に入った酒粕を選びます。

大体は、固く絞ったものは一般的なグレードのお酒、やわらかく絞ったものは高級酒のグレードのお酒を造ったときに出来たものです。

甘酒専用の酒粕もありますが、普通の酒粕でも十分です。結構安いです。200〜300g前後で4〜6杯作れます。ただし、粕漬け専用の酒粕とされているものは甘酒にはむかないかもしれません。


品名で言えば、日本盛という酒粕が固絞りの酒粕、甘酒を作るときに酒が苦手な人や、粕汁などを作るにはこれで十分です。固さは固形に近い感じでぽろっと割れ崩れます。後で酒粕をお湯に溶かすときは念入りに溶かします。

上等な酒粕は味噌のような固さのものです。比較的上等な酒の成分が残されているので酒好きな方や甘酒に上等さを求める場合はそのようなタイプを選びます。

柔らかいタイプは酒粕を若干多めに入れるほうが美味しくできます。

上等でも固いタイプもあり、焼いて食べる人もいます
  
板粕



今回はやや柔らかめ「灘酒粕」というものを使いました。

甘酒を作る(手抜き甘酒2杯程度)

甘酒の米の部分(この工程は完全に省いてもかまいません。)
前の晩か、1時間前くらいにすること
残りご飯を少し(一握りから増減させてください)湯飲みに入れて、少しお湯を入れておきます。ご飯がふやければいいです。もち米だとなおいいです。赤飯の残りでも面白いでしょう。お酒好きな方は日本酒でふやかしてください。

甘酒準備するもの(手抜き甘酒)
ふやけたごはん、生姜(チューブタイプでも可)、塩少量、砂糖か三温糖、黒糖など

甘酒酒粕の甘酒02.JPG


甘酒02手抜き甘酒の作り方02へ続く


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。