2006年03月05日

デトックスの心 価値観劣等感

ひっさびさにデトックスのこころです

価値観・・・どんな道を選び、どう生きるのか 

価値観って人それぞれだと思います。国によってもぜんぜん違うでしょうし。今うちは、オーブンレンジも電子レンジもありません。(そのうち買うかも)

そのかわり、炊飯器でケーキを作ったり、ダッチオーブンや鍋でパンを焼いたり出来ます。七輪炭火で焼いたさんまや鶏肉の美味しさは格別です。

DVDレコーダーどころかビデオもないです。でも早くからパソコンはあります。インターネットも早くからつなぎました。

「パソコン通信が世界中でつながったようなもの」とパソコン通信がわかる人には説明していました。

地下鉄も高島屋も西友デパートもありませんが、美味しい空気と水、自然があります。


人それぞれあるものと、無いものがあるのです。

結婚するしないで悩む人もいます。

結婚した人は結婚することで見えるものがあると言います。それは確かです。子供を持つことでわかることがあるとも言います。それも確かです。

でも結婚しない人は、それで劣っているわけではありません。気にしなくて良いのです。

結婚しないことでわかることや、子供を持たないことでわかることもあるのですから。




何を選ぶかは自分の価値観次第です。選べないこともありますが、選べる範囲で、それぞれがそれぞれの道を選べばよいのです。

でも、そうは言っても、自分の価値観に自信がなくて悩んでいる人もいます。

人の評価を気にしすぎて自分の道が不安になる、人からかけられた言葉を良い意味に取れなくて不安になるなど・・・真剣に悩む人もいます。

真剣に悩む人はご自身で思っているよりも良心的な人であることが多いです。

そういう人はもっと自分を自分の価値観で評価してあげればよいのにって思います。

自分がいいなって思う行動を素直にとってみれば、自分がもっと好きになれるかもしれません。

誰もが確信を持って前に進めるわけでもないし、人と比べて出遅れたとか、劣っているとか、そんなことを悩むのもしかたない時があるのかもしれないとも思います。

でも、悩むエネルギーをなにか進む方に向けてみるほうがおすすめですし、山あり谷あり進むうちに、楽しいこともあります。

劣等感に「とらわれの身」になるというのももったいない話です。人より出来ているかどうかでなく、昨日の自分より今日の自分が好きな自分であるかどうか。ちょっぴりでいいと思いますので。



初めはだれでも歩くことも話すことも出来ません。今出来る人に見える人々も初めは出来なかったのです。ちょっとずつ進むうちに、いつのまにか成長するものです。

出来ない自分に悩む人は実力よりもプライドが高すぎて成長を妨げていることがあるように思います。

初めから出来る必要はないんです。今の自分を認める勇気を持ちましょう。今の結構良い自分をちゃんと認めてあげましょう。

人が認めてくれるのはある程度形になったときだけです。自分が自分を認めてあげればよいのです。



★志は高く、プライドは低く、人の言葉はなるべく良心的な言葉として受け取り、たとえ皮肉や悪意の言葉でも、喜んでプラスの意味で受け取って参考にする。

失敗をしたときは落ち込むより、失敗から思いっきり学ぶ、自分を愛し大切にする



な〜んて、それがうまくいかないから悩んでるのかもしれませんけど。

でも、意外といいですよ 無料で出来ますしね(笑)

この記事で悩まないでくださいよ、適当です。少し酔っぱらいです いいと思うところだけ取り入れればよいのです(笑)


心の苦しさは少しだと人を磨く研磨剤になり、多すぎ、激しすぎると毒です。
あまりに苦しすぎるときは少し洗い流しましょう。

アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
そうよね〜
あたしなんか悩みすぎちゃうタイプだわぁ〜

プラス思考ポジティブシンキングでいったほうが毎日楽しくなるわよね〜
心のデトックスよね〜
Posted by ミラスパ at 2006年03月05日 09:42
いつも 勉強しなりますが,今日もいいですね〜。
特に酔っ払いは大好きです(笑)
確かに,自分について悩んだり 反省したりする人は実は ずっとイイ人だと思います。
こいつぅ〜反省しろよーと・・思う人ほど,上手に責任転嫁したり図太く生きてるんですよね・・・・
やべっ私か?
Posted by 卯月 at 2006年03月05日 16:48
私の言いたいこと
思っていること
ぜ〜んぶ書いてあります
そうそうと思って読みました

といって
私が実現できてるわけでは全くありません
理解していても心の動きはうまくいかないことしばしば(-_-;)
若いときよりは多少コントロール出来てるかな〜くらいですが

特に人の言葉
プラスに受け取れるように
まだまだ修行がいりそうです(^^♪
Posted by katasumi at 2006年03月05日 19:02
まず。。。
レンジを持たない、炊飯器やナベでケーキや
パンをつくる・・・という所に感動。^^*

美味しい空気と水、自然・・・
最高ですね。

tomoshibiさんのおっしゃるとおり、くるしい事は
流すのが一番だと思います。
”流す”というのは・・いいですねー

とんでもない方向からすごいマイナスな事が
せめてきたら、何かのサインととらえて、
「よかった。これでよりHappyになれる」
と思えたら最高だと思います。

また、酔ってくださいね!(笑)
Posted by ツキみずき at 2006年03月06日 16:48

ミラスパ様
私は「よく考えている」ように見える
そうなのですが
「実はな〜んも考えてない」時がかなりある
ということが知り合いにばれています(笑)
心にも適度な運動が必要なのかもしれませんね〜



卯月様
私の方は「勢いで書くと後で恥ずかしい」
ということが今勉強になってます^^;

図太さは負けませ〜ん
心の基礎体力としては必要ですよね



katasumi様
記事を書いたとき、
何か最後に書くはずだったのに
なんだったかな〜 まあいいか 
と思ったのですが、それがまさに
katasumiさんの書いてくださったことです。
「言うは易し行うは難し」ですね、補完ありがとうございます^^



ツキみずき様
レンジは次の冬には買おうかな〜(笑)
マイナスのことに対応するときは
大変なんですけどね〜

過ぎてみればよかったと言えるよう乗り切りたいですね




Posted by tomoshibi at 2006年03月06日 18:07
沈んでしまったわけではないんですが、こちらの記事を読んで、劣等感の塊だったのかもしれないな。自分は。。
と思ってしまいました。つまらない見栄やプライドが自分で自分を傷つけてしまっていたのかもしれません。

大丈夫、平気だよ、なんとかなるよ。
っていうアドバイスを全てに重圧がかかって苦しくなる時があります。。そのことを考えすぎてしまう背景は”成功させて認めてもらいたい”と思ってしまって自分にプレッシャーをかけているのかもしれません。

結婚、育児・・そのどちらも経験していない私は自分が人より劣っているような気がしてしまいます。
また、そんな事をいいながら劣等感に浸っているのかな?とも思ってしまったりもします。そんなつもりもないのですが・・。

劣っていると思っているので、そんな自分を認めるのが怖いのかもしれません。


今回の記事は胸にどすんと響くものがありました。

ありがとうございます。

Posted by komoko at 2006年03月06日 23:25
悩んでいる人にエールを送るのは、たまに
かえって落ち込ませてしまうことがあって
デリケートな問題ですよね〜

今回の私の記事を見るといきなり
「こちらがおすすめ」ということで
ちょっと強引なんですよね。

まあ思い切って書いてみないと自分の
悪いところも見えにくいわけで・・・

好意的に見てくださる皆さんの
おかげで私もちびちび成長しています

日々修行中です〜 ^−^;
Posted by tomoshibi at 2006年03月07日 23:12
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14181763
愛のあるトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。