?
2006年03月22日

食欲抑制効果ペプチドを特定−ダイエットに応用か京大

京大 大学院農学研究科(食品生理機能学)の大日向耕作講師を中心とする研究によります。

食欲抑制に働く脳内の受容体を特定し、ペプチド(アミノ酸の結合体)の投与によってマウスの食事量を減らすことに成功しました。

今後の研究の発展によっては食欲を減らす薬品やサプリメントなどの開発につながる可能性もあります。



新たなダイエットの成分として研究が期待できそうで世界中から注目を集めそうです。

詳しいことは、京都市で開かれる日本農芸化学会で2006年3月26日に発表される予定です。

★どうなるんでしょうね〜 ペプチドを吸収したことにより脳が、「結構食べたな〜」って思うようになるんでしょうか。

例えば水をいくらたくさん飲んでも空腹感はきますけど、ペプチドだと自然な感じで食欲を抑えるんでしょうかね。

ペプチドさん!ついでに

私の体内の脂肪を先に使うように伝えといてくれませんかね〜(笑)



ペプチドとはアミノ酸のくっついたものです。

アミノ酸は一番小さい単位、たんぱく質はアミノ酸がたくさんくっついた化合物、ペプチドは小腸で直接吸収できる最大レベルの物質ということになります。

ペプチドとは(ブログ内記事)


楽天ダイエット市場




アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
ほんとに勉強になりますね!!

ペプチドって大豆と切ってはきれないものなと勘違いしていました。。

私も特に下腹部のお肉を利用してくれませんか?と思ってみたりしました。。(汗)
Posted by komoko at 2006年03月22日 22:34
komokoさま

ですよね〜〜(笑)
あと、腰とかね〜〜〜〜〜〜〜
ペプチドさんによく言っときます!
Posted by ペプチドtomoshibi at 2006年03月23日 00:34
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック

食欲抑制効果ペプチドを特定−ダイエットに応用か京大: デトックスで毒素排出健康効果!
2006年03月22日

食欲抑制効果ペプチドを特定−ダイエットに応用か京大

京大 大学院農学研究科(食品生理機能学)の大日向耕作講師を中心とする研究によります。

食欲抑制に働く脳内の受容体を特定し、ペプチド(アミノ酸の結合体)の投与によってマウスの食事量を減らすことに成功しました。

今後の研究の発展によっては食欲を減らす薬品やサプリメントなどの開発につながる可能性もあります。



新たなダイエットの成分として研究が期待できそうで世界中から注目を集めそうです。

詳しいことは、京都市で開かれる日本農芸化学会で2006年3月26日に発表される予定です。

★どうなるんでしょうね〜 ペプチドを吸収したことにより脳が、「結構食べたな〜」って思うようになるんでしょうか。

例えば水をいくらたくさん飲んでも空腹感はきますけど、ペプチドだと自然な感じで食欲を抑えるんでしょうかね。

ペプチドさん!ついでに

私の体内の脂肪を先に使うように伝えといてくれませんかね〜(笑)



ペプチドとはアミノ酸のくっついたものです。

アミノ酸は一番小さい単位、たんぱく質はアミノ酸がたくさんくっついた化合物、ペプチドは小腸で直接吸収できる最大レベルの物質ということになります。

ペプチドとは(ブログ内記事)


楽天ダイエット市場




アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
ほんとに勉強になりますね!!

ペプチドって大豆と切ってはきれないものなと勘違いしていました。。

私も特に下腹部のお肉を利用してくれませんか?と思ってみたりしました。。(汗)
Posted by komoko at 2006年03月22日 22:34
komokoさま

ですよね〜〜(笑)
あと、腰とかね〜〜〜〜〜〜〜
ペプチドさんによく言っときます!
Posted by ペプチドtomoshibi at 2006年03月23日 00:34
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック