2006年03月27日

あずきぜんざいレシピ ミルク?

は〜い、全国の甘いものファンおまたせです〜(笑)

あずき缶をどうしようと思って考えました。ぜんざいか?

引越しの為にいらない缶詰など整理しています。牛乳を使ってミルクアズキぜんざいを作ろう・・・ということであずき缶を強引に牛乳に入れることに。

あずきミルク01.JPGあずき投下!
(やけど注意)

1.牛乳を鍋で温めます。
2.あずき缶からあずきを入れます。
3.混ぜながら様子を見て沸騰する直前に火を止めます。
4.ふ〜ふ〜しながら食べます(笑)

マグカップ2杯にあずき缶をひと缶で試して、後はお好みで調節してください。マグカップ2.5杯くらいが私の好みです

まあミルクぜんざいとでもいうような感じです。

意外にもかなり美味しくいただけました。

あずきミルク02.JPGあずきミルク

塩は入れませんでした。

あずきはアイスクリームにあわせるほどですからミルクと良く合うのです。

あっというまに美味しいデザートの出来上がり。花冷えの日に温まるホットデザートはいかがですか?

熱い日は寒天を入れて冷やして食べてもいいでしょう。寒天でゼリーにして冷やすと甘みを感じにくいので蜂蜜やメイプルシロップをかけてもいいかもです。


★とにかく美味しいです。ぜんざいより好きなくらいです(笑)

あずきホットミルク、というのかミルクぜんざいといえばいいのか?
ほんと、手軽に出来て美味しいですよ。

あずきの主成分は糖質とタンパク質ですが、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄、食物繊維なども豊富に含んでいます。特にカリウムには体内の余分なナトリウムを排泄し、血圧を下げる働きがあります。

あずきの食物繊維効果を期待できますし、赤ワイン等と同じように活性酸素を除去、抗酸化作用、過酸化脂質の生成を抑制、動脈硬化予防、老化予防全般、胃癌予防に効果があると言われています。

あずきの独特の風味、渋みはサポニンです。

サポニンは、せきを鎮めたり、痰をとる作用、二日酔い、 利尿作用によるむくみ防止、便秘、母乳の分泌増進などに効果があると言われています。

周りで最近咳が流行っていませんか?

引越しや大掃除などには必ずマスクをして臨みましょう。悪いウイルスがほこりの中から復活しますので気をつけてくださいね〜

【からだのサビつきを抑えるポリフェノールの一種アントシアニンがとれる健康茶】黒豆茶小豆ブ...アントシアニン黒豆小豆ブレンド

あずきスイーツを検索

アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
ふむふむ。
これは乳製品もあんこも大好きな卯月には,堪えられない一品ですな(^-^)

寒天で固めたら ぜひ,きなこと黒蜜をかけて頂きたい (〃`ー´)b
Posted by 卯月 at 2006年03月27日 23:46
卯月さま

きなこ、黒蜜、書き加えようかなって
思ったんですけどね〜

あまり甘い世界に誘い込んでは罪かなと
思いましたので〜〜〜〜〜(笑)

あんこは太らないからっていいますけど・・・
たくさん食べれば当然・・・(爆)
Posted by あずきtomoshibi at 2006年03月28日 23:15
あずき大好き(^_^)
牛乳に入れるなんて考えたことなかったけれど
小豆アイスとかあるものね〜
寒天はダイエットにいいって言うから
いいかもね〜
半分はあつあつで飲んで
半分はゼリーにすればいいか〜
やってみようかな
Posted by katasumi at 2006年03月29日 17:03
katasumiさまもあずきがお好きですか^^

実はですね、美味しくなかったら
なにかの料理に混ぜてしまおうと
思ってたんですよ・・・

結果、す〜ぐ なくなりました
おいしいですよ〜

たぶんゼリーにする分は残らないですね〜(笑)
Posted by あずきtomoshibi at 2006年03月29日 21:59
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15589640
愛のあるトラックバックのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。