?
2006年04月12日

金価格チャート ブリックスファイブ



金(ゴールド)の価格グラフがあります。

金価格グラフ

金の価格が上昇していることはご存知だと思います。

インドでは比較的金を良く利用するといわれています。

インドを始め、中国などアジアの経済成長が著しいので、人々の購買力が上がっています。

金をはじめ、プラチナなど比較的高価な非鉄金属の価格が上昇しています。

グラフを見ると、ここしばらくは伸び悩んでいたように見える金価格ですが、まだあがるようにも見えます。

金鉱やその他資源を持つ国の景気が上向くことが予想され、結果的にその国の金利も上がることが予想されています。

南アフリカ共和国のランドという通貨もその1つです。やはり上昇しています。

以前紹介したBRICS5(ブリックスファイブ)という投資信託があるのですが、70万円を投入し、手数料3%約2万円も取られています。

ブリックスファイブはブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国に対する集団投資です。

現在、ブリックスファイブでは、70万円の原資に対し、17万9千円以上の評価益が出ています。日本株の投資信託はまだ利益が手数料を超えないものもあります。

ブリックスの勢いがすごいですね。

ただ、あまりに勢いのある成長は反動もあるかもしれません。世界経済の潜在的な(自然な)伸び率をこのところ上回って世界株価などの上昇が見られるというレポートもあるようです。

それでも今後も経済成長率はまだまだ見込まれるようです。中国、インドの方々が裕福になって金だけでなく、たくさんの食品などを消費する時、これまでの食料輸出国だった中国やインドが輸入国になりそうです。

どこの国がその生産を受け持つことが出来るのでしょうか。

農業も重要な産業だと改めて気付く時代が来そうに思います。

現に、とうもろこしを輸出していた中国は輸出をやめることになったようです。

とうもろこしの国際価格は上昇しているそうです。


楽天 ジュエリー部門ランキング



アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
遅くなりましたが お引越しお疲れ様でした。
中継局から遠い田舎なので 光でも まったりの卯月です。

しばらくは大変ですね(^-^)
だけどtomoshibi さまの事ですから、ちょいちょいとやっちゃうんでしょうね。(笑)

今日は金ですね、いつもテリトリーの広さにびっくりさせられてます。
なるほどーと勉強しながら読みますが、余裕資金というのが無いのが、たまにきず。


Posted by 卯月 at 2006年04月13日 00:22
え〜!光でも局から離れるとまったりなんですか?
光は対距離対策として最強かと思ってました

テリトリーが広いというよりこのブログのように
まとまりが無い人なので〜(笑)

実は図書館に行って
日経新聞を参考にしてるだけなんですよ〜
Posted by BRICStomoshibi at 2006年04月13日 16:54
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

金価格チャート ブリックスファイブ: デトックスで毒素排出健康効果!
2006年04月12日

金価格チャート ブリックスファイブ



金(ゴールド)の価格グラフがあります。

金価格グラフ

金の価格が上昇していることはご存知だと思います。

インドでは比較的金を良く利用するといわれています。

インドを始め、中国などアジアの経済成長が著しいので、人々の購買力が上がっています。

金をはじめ、プラチナなど比較的高価な非鉄金属の価格が上昇しています。

グラフを見ると、ここしばらくは伸び悩んでいたように見える金価格ですが、まだあがるようにも見えます。

金鉱やその他資源を持つ国の景気が上向くことが予想され、結果的にその国の金利も上がることが予想されています。

南アフリカ共和国のランドという通貨もその1つです。やはり上昇しています。

以前紹介したBRICS5(ブリックスファイブ)という投資信託があるのですが、70万円を投入し、手数料3%約2万円も取られています。

ブリックスファイブはブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国に対する集団投資です。

現在、ブリックスファイブでは、70万円の原資に対し、17万9千円以上の評価益が出ています。日本株の投資信託はまだ利益が手数料を超えないものもあります。

ブリックスの勢いがすごいですね。

ただ、あまりに勢いのある成長は反動もあるかもしれません。世界経済の潜在的な(自然な)伸び率をこのところ上回って世界株価などの上昇が見られるというレポートもあるようです。

それでも今後も経済成長率はまだまだ見込まれるようです。中国、インドの方々が裕福になって金だけでなく、たくさんの食品などを消費する時、これまでの食料輸出国だった中国やインドが輸入国になりそうです。

どこの国がその生産を受け持つことが出来るのでしょうか。

農業も重要な産業だと改めて気付く時代が来そうに思います。

現に、とうもろこしを輸出していた中国は輸出をやめることになったようです。

とうもろこしの国際価格は上昇しているそうです。


楽天 ジュエリー部門ランキング



アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
遅くなりましたが お引越しお疲れ様でした。
中継局から遠い田舎なので 光でも まったりの卯月です。

しばらくは大変ですね(^-^)
だけどtomoshibi さまの事ですから、ちょいちょいとやっちゃうんでしょうね。(笑)

今日は金ですね、いつもテリトリーの広さにびっくりさせられてます。
なるほどーと勉強しながら読みますが、余裕資金というのが無いのが、たまにきず。


Posted by 卯月 at 2006年04月13日 00:22
え〜!光でも局から離れるとまったりなんですか?
光は対距離対策として最強かと思ってました

テリトリーが広いというよりこのブログのように
まとまりが無い人なので〜(笑)

実は図書館に行って
日経新聞を参考にしてるだけなんですよ〜
Posted by BRICStomoshibi at 2006年04月13日 16:54
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。