2006年07月13日

ジダン頭突き謝罪 母と姉侮辱

ジダンがテレビ局に生出演するというので気になっていました。

サッカー人生で一番大事な場面で我慢できないほどの怒りをおぼえた言葉を自ら口に出来るのかなということに違和感を感じました。

それでも真相説明を求める声にジダンは答えざるをえないのかとも考えました。


ジダンの説明、内容

子供達をはじめ、頭突き見せてしまったことことについて深く謝罪

母と姉に関する侮辱で詳細は口に出来ない(とても口に出来ないのでしょう)

1度、2度言われたまでは無視したが3度目にそれを聞いた時、我慢が出来なかった

(やってはいけないことをしてしまったという認識はあるが)
後悔はしていない 

悪いのはマテラッティ選手


という説明をしています。



言葉の暴力
言葉の暴力、態度の暴力は威力があります。このことについて最近はドメスティックバイオレンスなどで認識は高まっていますが言葉の暴力は証拠が残りにくく、その割りに人を強く傷つけます。

でも、言葉の暴力を受けて、では人を殺してよいかと言えばそんなことはありません。
日本でも「私刑」を認めていません。

筋道
筋道で言えばジダンの場合、このような発言をされたとしてFIFAに訴える必要があったと思われます。


ジダンの立場
でも、FIFAに訴えてどれだけの効果があったのかは疑問です。

どこまで真剣に取り上げられるか不明ですし、証拠も残っているかわからないです。

そして相手の選手がそのような現状を逆に利用してひどい言葉を浴びせているかもしれません。



ユニフォームをつかむ
ユニフォームをつかんでマークをするという行為が発端だということが実は大切なように思います。

やっぱりルール、審判、裁定、実際の許容範囲を明確にすることが必要かもしれません

ユニフォームをつかまれ「そんなにユニフォームが欲しいなら後であげるよ」とジダンは言ったと言われます

ジダンはユーモアと皮肉をこめて厳しいマークに軽く一言だしたのでしょうね。

イタリアもヨーロッパの中では経済的に厳しく、差別的に扱われることもあるかもしれません。イタリアサッカー界も問題を抱えて個人のサッカー選手の尊厳が十分保てない背景もあったでしょう。

ジダンの一言が非常に上からものを言う態度に見えたとしたらマテラッティ選手も言葉で言い返したかったのかもしれません。


言葉の暴力に対してジダンは怒りを暴力で体現してしまったのでした。

どこから始まり、どこまでなら反撃していいのか、国同士の戦争のようですね。

厳しい試合の中でどれだけ相手を思いやれるか、難しいところです。
日本選手にもレッドカードはありましたが、全体にいきわたるフェアプレーの精神が嬉しく思います。

日本代表、ありがとう


紛争


サッカー




アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
そうですね〜
これは難しい問題ですね、、、
言葉の暴力は深く心を傷つけます
でもそれに対して暴力をふるっていいのか。。。

身内の悪口ほど腹の立つことはないと
思いますが暴力では何も解決しないと
思います。

Posted by マミ at 2006年07月13日 19:06
マミさま

男の子にはけんかがつき物ですから
いろいろと大変ですよね
子供の教育上もよろしくないですから
その場の怒り任せの暴力ではなく
他の方法で問題提起してもらえれば
もっとよかったですねぇ
Posted by tomoshibi at 2006年07月14日 00:18
tomoshibiさん、こんにちは☆

同感です・・・
わたしもジダンの会見をみていて、
「これでは戦争のようだ」と感じました。。
”世界の縮図、ワールドカップ”
といえばそれまでですが、ちょっとさみしいですね〜。。−v−;

まあでも、日本選手にはこれからまたガンバッテほしいものです!
Posted by ツキみずき at 2006年07月14日 18:25
ツキみずきさま

本当に難しい問題ですね
ジダンの反則判定をビデオで確認したのでは
ということも問題になっているようです

フランスのある弁護士は、

ジダン退場の判定にビデオ映像が
使われたとするならば、
その判定は無効であろう

という主張をもっているようです

優勝杯さえも行き先が変わる?
とりあえず悪いものは悪いような気もしますが・・
Posted by tomoshibi at 2006年07月18日 17:33
最近、話題になった『国家の品格』という本に日本には武士道という品格がある・・とか、なかなかおもしろい内容が書いてあったんですけどね。

今回はそれを、痛切に思い出しましたね。
マテラッティは、とにかく卑怯でした。
品格がない。

ジタンに武士道ありき、ですよ。
Posted by 卯月 at 2006年07月20日 00:28
卯月さま 

なるほどマテラッティはいろんな意味でずるいように思えますね

ジダンは後日の「男だから身体が反応してしまった」という言葉が残念でしたが

英雄にも感情が抑えられないことがあるということを正直にさらしてしまったという感じがします
Posted by tomoshibi at 2006年07月20日 21:48
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。