?
2006年07月28日

DHCアロエベラに発ガン性物質ベンゼン


化粧品、健康食品など販売する会社ディーエイチシーDHCの清涼飲料水の情報です


DHCアロエベラから飲料水の国際基準値を上回る発がん性物質ベンゼンが検出されました。
厚生労働省は2006年7月28日、DHC社にアロエベラの自主回収を要請しました。

自主回収を要請した厚生労働省によると同省は「大気中に含



まれるベンゼンの量に比べれば今回の検出量ははるかに少なく、健康に影響が出る恐れはない」とのこと実害がすでに出ているというほどのものではないようです。

とはいうものの、飲料水の国際基準値を上回るベンゼンが検出ということですから飲まないにこしたことはありませんよね。

DHC アロエベラ 720mlアロエベラ
これがDHCのアロエベラですお持ちの方は飲用中止してくださいね




こういったケースはメーカーがフォローするのでおそらく自宅にあるなどの場合はDHC扱いのお店に頼めば引き取ってもらえると思います。

一応DHCか取り扱い店に確認してからが良いでしょう。



 ベンゼンをめぐっては2006年3月以降、清涼飲料水等に含まれる安息香酸とアスコルビン酸という2つの添加物が化学反応し生成されるケースがあることが、知られています。

ドイツ連邦リスク評価研究所 (BfR) の報告から明らかになったようです。




★アスコルビン酸はビタミンCとして知られています。いろんなものに酸化防止剤としても入っていると思います。

安息香酸も抗菌作用があるとされ、飲料では保存を目的で使用されることが多いようです。




★ベンゼンはガンや骨髄性白血病のリスクを高めると言われています。
でも今回の例はほんの少量ですので、実質現代科学ではリスクの発生が確認されない程度のようです。


安息香酸とアスコルビン酸、ビタミンCの表記がある飲料水はわざわざ好んで買うこともないですね。


安息香酸、アスコルビン酸が入った飲料を化学変化が起こりやすい状態にするのはおすすめ出来ません。

例えば他の飲料、金属、日光、蛍光灯、紫外線、熱などに長くさらさないほうが望ましいことは言えるようです。

DHC健康食品 DHC美容コスメ



アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
びっくりしました
だってアロエベラジュースを飲んでるのですもの
でもDHCのものではありませんでした
ほっ!
でも、今まで良いと言われてるものでも
急に良くないとかってケースも多々ありますよね
だから何かひとつに集中するって言うのはやめようと思っています
いろ〜んなものをバランスよく取る様にすれば害があっても影響が少ない気がして
Posted by katasumi at 2006年07月29日 09:17
アロエベラ追加情報

厚生労働省が安息香酸とアスコルビン酸2つの添加物を含む市販品を31種類サンプルとして用意しました。

この市販品を国立医薬品食品衛生研究所(東京)で分析したところ、同社の「アロエベラ」の3サンプルから平均で73・6ppbのベンゼンが検出されたといいます。

これがWHOの基準(10ppb)を超えていたということです。

このほかの30種類の市販品サンプルも検査したわけですが、他のものは世界保健機関(WHO)の定める飲料水ガイドラインの基準値(10ppb)以下だったそうです。

そういった経緯を経て自主回収の要請をしたようです。

ただし、厚生労働省の説明によると

「WHOの基準はベンゼンを生涯摂取した時のリスクを表す数値で、清涼飲料水を一定量摂取したとしても、健康への特段の影響はない」
とのことです


Posted by tomoshibi at 2006年07月31日 22:27
katasumiさま

そうですよね
良いといわれても良くなかったり

どれもこれも良いなら結局全部良いのか
ということもあったり

ぐるっとまわって360度
元通りになりそうです(笑)

Posted by tomoshibi at 2006年07月31日 22:35
なるほどー!

全く、いつもながら勉強させていただきます。
安息香酸とアスコルビン酸ですね、とりあえず手にとって裏を返して 原材料名を観る!

保存料として安息香酸を使ってるものは多いですよね。
注意注意!
Posted by 卯月 at 2006年07月31日 22:51
卯月さま

食品売り場でも裏返して表示を見ている方が増えましたよね〜

最近は学生さんも表示を見ています。

別々の食品で安息香酸とアスコルビン酸を摂取するとどうなるか

といいますと多分どうもなりません

薬品や熱で化学反応が起こりやすい環境だと多少あるかもしれません

でも出来れば避けたいものですよね^^
Posted by tomoshibi at 2006年08月02日 07:59
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント


DHCアロエベラに発ガン性物質ベンゼン: デトックスで毒素排出健康効果!
2006年07月28日

DHCアロエベラに発ガン性物質ベンゼン


化粧品、健康食品など販売する会社ディーエイチシーDHCの清涼飲料水の情報です


DHCアロエベラから飲料水の国際基準値を上回る発がん性物質ベンゼンが検出されました。
厚生労働省は2006年7月28日、DHC社にアロエベラの自主回収を要請しました。

自主回収を要請した厚生労働省によると同省は「大気中に含



まれるベンゼンの量に比べれば今回の検出量ははるかに少なく、健康に影響が出る恐れはない」とのこと実害がすでに出ているというほどのものではないようです。

とはいうものの、飲料水の国際基準値を上回るベンゼンが検出ということですから飲まないにこしたことはありませんよね。

DHC アロエベラ 720mlアロエベラ
これがDHCのアロエベラですお持ちの方は飲用中止してくださいね




こういったケースはメーカーがフォローするのでおそらく自宅にあるなどの場合はDHC扱いのお店に頼めば引き取ってもらえると思います。

一応DHCか取り扱い店に確認してからが良いでしょう。



 ベンゼンをめぐっては2006年3月以降、清涼飲料水等に含まれる安息香酸とアスコルビン酸という2つの添加物が化学反応し生成されるケースがあることが、知られています。

ドイツ連邦リスク評価研究所 (BfR) の報告から明らかになったようです。




★アスコルビン酸はビタミンCとして知られています。いろんなものに酸化防止剤としても入っていると思います。

安息香酸も抗菌作用があるとされ、飲料では保存を目的で使用されることが多いようです。




★ベンゼンはガンや骨髄性白血病のリスクを高めると言われています。
でも今回の例はほんの少量ですので、実質現代科学ではリスクの発生が確認されない程度のようです。


安息香酸とアスコルビン酸、ビタミンCの表記がある飲料水はわざわざ好んで買うこともないですね。


安息香酸、アスコルビン酸が入った飲料を化学変化が起こりやすい状態にするのはおすすめ出来ません。

例えば他の飲料、金属、日光、蛍光灯、紫外線、熱などに長くさらさないほうが望ましいことは言えるようです。

DHC健康食品 DHC美容コスメ



アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
びっくりしました
だってアロエベラジュースを飲んでるのですもの
でもDHCのものではありませんでした
ほっ!
でも、今まで良いと言われてるものでも
急に良くないとかってケースも多々ありますよね
だから何かひとつに集中するって言うのはやめようと思っています
いろ〜んなものをバランスよく取る様にすれば害があっても影響が少ない気がして
Posted by katasumi at 2006年07月29日 09:17
アロエベラ追加情報

厚生労働省が安息香酸とアスコルビン酸2つの添加物を含む市販品を31種類サンプルとして用意しました。

この市販品を国立医薬品食品衛生研究所(東京)で分析したところ、同社の「アロエベラ」の3サンプルから平均で73・6ppbのベンゼンが検出されたといいます。

これがWHOの基準(10ppb)を超えていたということです。

このほかの30種類の市販品サンプルも検査したわけですが、他のものは世界保健機関(WHO)の定める飲料水ガイドラインの基準値(10ppb)以下だったそうです。

そういった経緯を経て自主回収の要請をしたようです。

ただし、厚生労働省の説明によると

「WHOの基準はベンゼンを生涯摂取した時のリスクを表す数値で、清涼飲料水を一定量摂取したとしても、健康への特段の影響はない」
とのことです


Posted by tomoshibi at 2006年07月31日 22:27
katasumiさま

そうですよね
良いといわれても良くなかったり

どれもこれも良いなら結局全部良いのか
ということもあったり

ぐるっとまわって360度
元通りになりそうです(笑)

Posted by tomoshibi at 2006年07月31日 22:35
なるほどー!

全く、いつもながら勉強させていただきます。
安息香酸とアスコルビン酸ですね、とりあえず手にとって裏を返して 原材料名を観る!

保存料として安息香酸を使ってるものは多いですよね。
注意注意!
Posted by 卯月 at 2006年07月31日 22:51
卯月さま

食品売り場でも裏返して表示を見ている方が増えましたよね〜

最近は学生さんも表示を見ています。

別々の食品で安息香酸とアスコルビン酸を摂取するとどうなるか

といいますと多分どうもなりません

薬品や熱で化学反応が起こりやすい環境だと多少あるかもしれません

でも出来れば避けたいものですよね^^
Posted by tomoshibi at 2006年08月02日 07:59
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント