?
2006年08月07日

コーラに発がん性成分(インド)02

3年前の調査で汚染が問題になった時は、地下水の汚染が原因とされ、インド政府はその後残留農薬の安全基準値を設ける方向で動いているといいますが、その基準はいまだにはっきりしていないそうです。

問題の成分としては
残留農薬、リンデンやDDT、マラチオン、クロルピリホスなどの殺虫剤成分が検出されたことがあるのでそのあたりかと思われます。

ちらほらと見え隠れする情報からすると、カドミウムなどが焦点になってくる可能性も結構あるかもしれません。


インドのコーラは汚染されても販売、他国のコーラは汚染されていないということならインド国民のお怒りももっともなことですね。

企業の社会的な責任感というものがますます重要視されそうです。

株式投資でも利益還元、株価上昇だけでなく、その精神を判断材料にしていく考えがあるのですが、最近改めて広まりつつあるようです。

税務上などで、法人格 と言ったりしますがまさに法人としての人格が問われます。


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント


コーラに発がん性成分(インド)02: デトックスで毒素排出健康効果!
2006年08月07日

コーラに発がん性成分(インド)02

3年前の調査で汚染が問題になった時は、地下水の汚染が原因とされ、インド政府はその後残留農薬の安全基準値を設ける方向で動いているといいますが、その基準はいまだにはっきりしていないそうです。

問題の成分としては
残留農薬、リンデンやDDT、マラチオン、クロルピリホスなどの殺虫剤成分が検出されたことがあるのでそのあたりかと思われます。

ちらほらと見え隠れする情報からすると、カドミウムなどが焦点になってくる可能性も結構あるかもしれません。


インドのコーラは汚染されても販売、他国のコーラは汚染されていないということならインド国民のお怒りももっともなことですね。

企業の社会的な責任感というものがますます重要視されそうです。

株式投資でも利益還元、株価上昇だけでなく、その精神を判断材料にしていく考えがあるのですが、最近改めて広まりつつあるようです。

税務上などで、法人格 と言ったりしますがまさに法人としての人格が問われます。


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント