2006年11月25日

飲食店 嫌な思いのデトックス

心のデトックスでは
困った方の気分が晴れ晴れとすることも目的のひとつです

いじめ問題もありますが
今回は飲食店で嫌な思いをされた方のご意見からです・・・



近未来の天丼を先駆けて食しました。
タネはなんとゴキブリ。それも
(ここに地名)ゴキブリ。
知らず気付かず食していました。

キノコか何かかと凝視したら2センチ大のゴキブリ。
私は嘔吐嘔吐。苦しんでいます。

店主は他の客に気付かれないように、こっそり頭を下げてから立ち尽くしていましたが、対応はそれだけ。


何も言わずに、早く帰れ!、と言わんばかり。
女将は証拠を素早く確保していました。隠滅オッケー。保健所オッケー。

店はその後も営業を続けていました。
夜も当たり前に営業していました。
さすがに営業してないだろう、と確かめたら「20時半まで〜」だって。
そんなに明るく言わなくたって・・・。そんなのありか?

私は「おうと〜」。食あたり〜。どうすりゃいいの。

近未来天丼を試したい方は、
(住所がある程度絞り込まれる情報)まで。営業中。

・・・まんじさまより



まんじさまは大変な目に合われましたね〜
今はお体大丈夫でしょうか?
調子が悪いなら
先ず病院に行ってみましょう。

規模や店構えに関係なく
衛生状態が優秀といえない飲食店が
ありますね

まんじ様の場合、先まで
考えた目的が何かを
明確にしてみるとこれから
どうすると良いかが見えてきそうです

1.お店に再度意見して釘を刺したいのか
2.損害として賠償請求したいのか
3.公的機関にお店の衛生状態
  を良くするよう指導して欲しいのか
4.お店の評判を落としたいのか
5.忘れてしまいたい、その他

ただ、食べてすぐ嘔吐の場合は
精神的なものかもしれません

精神的なものだからお店は悪くないのか?
そんなことはありません
法律でも精神的苦痛を負わせてはいけないことになっています

それに、なによりまごころの問題ですよね



食あたり状態なら医師の診断を
あおぐことでとりあえずご自身の
状況説明的な証拠にはなります

1の場合
お店に再発防止のお願い電話をしましょう

2の場合
録音機を持って
お店に再発防止のお願い電話をしましょう

3の場合
保健所の場合は実際に菌があるとか
業務上の問題があるとかの事実の確認
で対処が変わります。
虫の現物がない場合
異物混入で強制的な指導することは
事実上難しいかもしれません

4の場合
5に切り替えることがお得です




2損害として賠償請求したい場合に関して

損害賠償を求める場合は
1.利益を得たいか
2.損益を度外視するか
によっても対処が変わります

今回のケースは普通は法的手段を
使うほどの損害はなさそうです

現在証拠がない状況でも
新たに事実を確認することで
有利な証拠を得ることが
出来るケースもあります。

ただし、それはちょっぴり
工夫が必要です

相手にAということを話しながら
その結果証明したいBという事実を
録音という形で記録する方法です

相手に威力、暴力的な言葉を使わずに
丁寧に話しながら日付、ご自身の名前
ことの次第と再発防止をお願いするわけです

ただし、証拠を得てまんじさまが
訴えるようなことをしても
その時間や費用が
賠償額を上回る可能性が高いです

どうしてもという場合は
内容証明・小額訴訟というものを
本などである程度勉強後
日弁連の弁護士無料相談に
予約するのが現実的な対処です

4の場合
内容が事実でも今後いろんなところに
お店を攻撃する意思で書き込みを
なさるようなことがあっては
結果的にまんじさまが
社会的に不利になることもあります

まんじさまのお店情報の表現の仕方を拝見して
インターネットに慣れていらっしゃる
社会的にも守るものがある方とお見受けいたします

まんじさまの力をわざわざ
そのお店に向けるのはもったいなく思えます
時代劇で言えば
「ふっ、切るほどの価値もない店よ」
という感じでしょうか・・・


私は陶器のかけらを
食べそうになったことがあります。
実際気分の悪いことですよね

そして私も・・あの黒い虫は毛が逆立つほど
遠慮したい相手なのでございます

もしも、まんじ様がお店を
うらむようなことがあっては
お体にもよくありません





まずはお体を大切に

そして出来れば心を未来に向けて
気持ちよく食事できる美味しいお店を
探していただき、素敵なお店を見つける
そのようなブログを開設なさって
そちらを逆にほめて皆さんに
紹介していただくのはいかがでしょう

喜ぶ人も多いでしょうし
まんじさまの強力な支えとなり
楽しみにもなって、結果的に
人生のお味方になろうかと思います

まんじさまのお体の元気が早く取り戻せること、
今後のさらなる発展をお祈りいたします

まんじさまにも祈って欲しいことがございます
tomoshibi家に時々現れる、あ゛〜名前も呼びたくない
黒い虫がいなくなるよう
祈っていただければ大変嬉しく思います


★ちなみに「まんじさまのお店情報の表現の仕方」
と表記したところで
パソコンで「まんじさまのお店情報の表現の仕方」
と打ち込んでいる夢を見た事を突然思い出しました

正確には夢の中でも「あっこの状態を夢で見た」と思う夢です
こんなことがたまにはありますね

人生どこでどうご縁があるものかわかりません
まんじさまが嫌な思いをされたものの

私にとっては1つの学びと経験と記事になったということで
まんじさまのおかげで勉強させていただくというご縁だったのかもしれませんね



アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
なるほど・・・
こんな場合には、こういう対応の方法があるんですね。
よし!決めた。
もしも、こんなめにあったら その場ですぐ保健所に電話する!
保健所にどうすれば良いのか聞く!
なんてのは、どうですか(笑)
Posted by 卯月 at 2006年11月27日 09:13
うわ、これは悲惨・・・
こんな体験された方、大変ですね。
いつまでも忘れられず何らかの後遺症に残りそう・・・
想像しただけでぞぞぞ・・・っと身震いが・・・。(想像したくないのにしてしまう・・・)
でもこういう店は放っておくのは他の人のためにもよくないですよね。

ただ、たとえ損害賠償をとれたとしても
いつまでも嫌な記憶は残って消えないので辛いとは思いますが・・・。
Posted by クミ at 2006年11月28日 00:48
卯月さま

ややこしい記事に
お付き合いいただいて(笑)

保健所が開いている時なら
連絡できそうですね
今は携帯で電話も写真も取れますから
便利ですね

お店も気をつけてほしいものですね
Posted by tomoshibi at 2006年11月28日 01:45
クミさま

長い記事にお付き合い
ありがとうございます(笑)

あの虫は駄目です。あの動き方も
飛ぶのも中に入っているのもだめ

気持ちがおさまらないというのが
やはりあることでしょうね
お店も今後は注意するかな・・・
Posted by tomoshibi at 2006年11月28日 01:57
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。