?
2005年04月27日

デトックスのための食べ物

デトックスするぞ! って何を食べればいいの?

米国のバーナード・リムランド博士らの論文では、次のように述べられています。
「体内の重金属濃度を低減させるためには、キレーションという医学的栄養的手続きがあり、キレーション療法は、鉛その他の有毒物質の分子と結合する(キレートする)物質を、経口あるいは注射で投与することである」

その、経口というのが食事やサプリなわけです。

身体には脂肪を燃焼して消費するために、脂肪分解酵素というのがあるわけです。
肪分解酵素を邪魔する体内の重金属や不要ミネラル、老廃物を上手に排出してあげるのがキレート物質・・・ではどんな食品に含まれているのでしょう。

例えばペクチンは重金属中毒に対するよい解毒剤で、重金属の毒力を
ゴボウやコンニャク、レンコン、寒天などに含まれる「食物繊維」は、ダイオキシンなどの有害物質を体外に排出する効果のあることがよく知られています。余分なミネラルが体内に取り込まれるのを防ぐ働きがあるのでまずは一票!

タマネギやリンゴ、コリアンダー、ニラ、ニンニクなどは、重金属をとらえて体外に排出するそれぞれ独自の特色を持っています。

りんごもそうですがレモン、梅干などクエン酸を多く含む果物類
・・・鉛・カドミウムに。

りんごや柑橘類などにペクチンは食物繊維の一種ですが、重金属中毒に対するよい解毒剤で、重金属の毒力を最小化します。 

ペクチンというと手作りジャムなどを作るときに使います。
レモン汁やりんごを追加するのですが、それでドロリとするのです。
柑橘類の汁に含まれるだけでなく、柑橘類の皮、白い皮のふわふわしたところ
あれに沢山含まれています。

オレンジマーマレードなどはペクチンがもともと豊富に入っているので新たにペクチンを追加することなくとろみがつくんですよ!

・・・脱線してしまいました オリゴ糖ジャムを手作りするもので。
         キレートの話なので作り方まではいいですね(笑)

昆布に含まれているアルギン酸

貝類やたこ、いかなどに多く含まれているタウリン(含硫アミノ酸)
硫黄分を含むアミノ酸ですね。

玄米に含まれているフイチン酸

魚貝類、海草類、精製度が低い穀類(玄米や胚芽つき、皮付きの穀類)
などに含まれるセレン

ビタミンEを一緒に摂ると、他のものとの相乗作用で酸化防止作用が強まり、
セレン等が水銀の毒性を抑える働きもより強くなります。

肝臓の解毒力を高める亜鉛(貝など)やセレンを含む緑黄色野菜などを組み合わせて、
取り込まれた毒素を排出するのが効果的とも言われています。

でもよく考えてみてください。
食物繊維、玄米、魚介、海草類、梅干、果物・・・昔ながらの食べ物が
いかにすばらしいかよくわかりますね。

私の個人的な好みもありますが、
これにヨーグルトを筆頭とする乳製品、納豆が加わればかなりGOODですよ。



アンチエイジングランキング
by tomoshibi | デトックス関連

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

デトックスのための食べ物: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年04月27日

デトックスのための食べ物

デトックスするぞ! って何を食べればいいの?

米国のバーナード・リムランド博士らの論文では、次のように述べられています。
「体内の重金属濃度を低減させるためには、キレーションという医学的栄養的手続きがあり、キレーション療法は、鉛その他の有毒物質の分子と結合する(キレートする)物質を、経口あるいは注射で投与することである」

その、経口というのが食事やサプリなわけです。

身体には脂肪を燃焼して消費するために、脂肪分解酵素というのがあるわけです。
肪分解酵素を邪魔する体内の重金属や不要ミネラル、老廃物を上手に排出してあげるのがキレート物質・・・ではどんな食品に含まれているのでしょう。

例えばペクチンは重金属中毒に対するよい解毒剤で、重金属の毒力を
ゴボウやコンニャク、レンコン、寒天などに含まれる「食物繊維」は、ダイオキシンなどの有害物質を体外に排出する効果のあることがよく知られています。余分なミネラルが体内に取り込まれるのを防ぐ働きがあるのでまずは一票!

タマネギやリンゴ、コリアンダー、ニラ、ニンニクなどは、重金属をとらえて体外に排出するそれぞれ独自の特色を持っています。

りんごもそうですがレモン、梅干などクエン酸を多く含む果物類
・・・鉛・カドミウムに。

りんごや柑橘類などにペクチンは食物繊維の一種ですが、重金属中毒に対するよい解毒剤で、重金属の毒力を最小化します。 

ペクチンというと手作りジャムなどを作るときに使います。
レモン汁やりんごを追加するのですが、それでドロリとするのです。
柑橘類の汁に含まれるだけでなく、柑橘類の皮、白い皮のふわふわしたところ
あれに沢山含まれています。

オレンジマーマレードなどはペクチンがもともと豊富に入っているので新たにペクチンを追加することなくとろみがつくんですよ!

・・・脱線してしまいました オリゴ糖ジャムを手作りするもので。
         キレートの話なので作り方まではいいですね(笑)

昆布に含まれているアルギン酸

貝類やたこ、いかなどに多く含まれているタウリン(含硫アミノ酸)
硫黄分を含むアミノ酸ですね。

玄米に含まれているフイチン酸

魚貝類、海草類、精製度が低い穀類(玄米や胚芽つき、皮付きの穀類)
などに含まれるセレン

ビタミンEを一緒に摂ると、他のものとの相乗作用で酸化防止作用が強まり、
セレン等が水銀の毒性を抑える働きもより強くなります。

肝臓の解毒力を高める亜鉛(貝など)やセレンを含む緑黄色野菜などを組み合わせて、
取り込まれた毒素を排出するのが効果的とも言われています。

でもよく考えてみてください。
食物繊維、玄米、魚介、海草類、梅干、果物・・・昔ながらの食べ物が
いかにすばらしいかよくわかりますね。

私の個人的な好みもありますが、
これにヨーグルトを筆頭とする乳製品、納豆が加わればかなりGOODですよ。



アンチエイジングランキング
by tomoshibi | デトックス関連

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。