2005年04月24日

デトックスの心・こころ 仕事編

デトックスにピッタリの毒素発生を予防する心構えの紹介です。

あなたは朝起きることが楽しいですか?


仕事に行くのが楽しいですか?
・・・・

仕事へ行くのが嫌で寝坊したりしませんか?

・・・・。


1ヶ月の間に1回以上遅刻してしまう人・・・このままズルズルしないために
何かをどうにかして変えたいですよね?

やりたいことがある時、人は気持ちよく起きる事が出来ます。
仕事もやりたいことにしませんか? 仕事を楽しみましょう。

仕事は何のためにするのでしょうか? お金のため、生きるため、家族のためどれもその通りだと思います。

私はどんな人も誰かの役に立ちたいという良心的な欲求があると考えています。

社会は複雑になり、私達はいつのまにか、誰の役に立っているかわからないという生き方に巻き込まれがちです。

でもね・・・どんな仕事もお金をもらう以上、誰かの役に立っています。

あ、騙されたと返金を要求されるようなお金のもらい方とかは
例外ですよ^^;

誰かに喜ばれたい、お金を払ってまであなたを必要としていることがある
そのあたりに注目してみましょう。

誇りに思い、もらうお金以上に役立とう、喜んでもらおう

というあたりから自分自身も喜んで仕事に向かうことが出来るようになります。

どうせやるなら楽しんで仕事しましょうね。



「今日はこれとこれはやろう!」
と目標を持って元気に家をでると通勤も積極的になれる。

建設的で人にやさしくなれます。

自分の仕事はどう考えてもほこりを持てないよ・・・そんな人もいるかもしれません。
お金を頂くというのは、悪いことではありません。






安いものを別の形、場所に変えて高く売る、サービスをしてその対価を頂く、それを必要としている所に提供することなのですからね。

デパートや役所、電話応答などの「苦情対応のお仕事」ありますよね。いつもいつも苦情ばかり受けていて大変だろうと思います。

皿洗い、便所掃除、危険な工事、危険物処理、それらは医者や弁護士に全く劣らない大切な仕事です。

会社、国民市民、お客様の役に立てている、お役に立てることがあると思って頑張って欲しいですね。

韓国では漁師の仕事を価値の低いものとしてとらえていると聞いたことがあります。日本では危険でつらい部分もありますが、海の達人としての尊敬も受けていますね。

所変われば品変わる 

職業に貴賎無しといいますが、様々な仕事に対する社会的な評価もより広く理解が深まればと思います。


アンチエイジングランキング
by tomoshibi | 心のデトックス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。