?
2005年04月28日

デトックス入浴剤 実践編

 
続き物ですので、検索でいらした方は、デトックス入浴剤 考え方編へのリンクで前編を確認してくださいね。

さて・・・こつは一度にやらずに、まずは様子を見るのです。
もしかしたら匂いや刺激があって嫌いかもしれませんよ。
後で熱いお湯を足すときにまた調節できるからちょうどいいし。

説明書より半分の少し熱めのお湯をはり、一回分の4分の1をお湯に入れます。
つまり、濃度が普通より半分、お湯の量も半分です。消費量は4分の1

・・せこいですか? まあ聞いてくださいよ(笑)

多分その1/2の濃度でも結構濃いですよ。なぜか?

バスソルトの半分は輸入品です。英語表記に日本語のシールを張ったものとかありますよね。今後日本でメジャーになれば日本製も多くなるでしょうが。それは西洋のバスタブにたっぷり水を入れて使うために1回分があるから。

日本は普通の入浴剤が沢山あるので、それらのメーカーがデトックス用を出してくると思うんですよね。(追記:結構色々でました。)

というわけで1回分の1/4の量でも濃いことがあるので、半分にしておいたお湯を好きな量だけ足しましょう。熱すぎればぬるいお湯、冬場などは熱いお湯を足していけばいい温度が持続できます。

商品によりますけどね、「20〜30分頑張って入る!」的な説明書きがあると思うのですが、実際は30から50分入れるくらいぬるめでもいいと思います。タイマー・アラームを使って15分したら手で足に水をかけたり、顔を洗うと気持ち良いです。そしてまた入りましょう。



商品購入
FILA エクスプローラウオッチ レッド系

価格:15540
発送時期:1週間以内


イタリアンテイストの溢れるカラフルでスポーティなリストウオッチ。アナログ仕様の文字盤には、より視認しやすい時間、分、秒を刻むデジタルの表示の窓。

フェイスのクリスタルガラスをブラックにはブルー、ホワイトにライトグリーン、レッドにはレッドのカラーコーティングを施し、微妙な色の変化が楽しめるように作られています。

ストップウオッチ、10気圧防水、アラーム、カレンダーなどの機能も充実し至れり尽くせり。暗闇でも視認で出来るバックライト付ですので、スポーツやレジャーにもってこいです。




まあこんな時計があればおしゃれですが・・・気にしないなら100円ショップのタイマーでもいいんですよ。そしてジッパーつきの袋がありますよね。あれに入れるんです。袋に入っててもちゃんと音が聞こえますから大丈夫!お風呂のすぐ外に携帯を10分ごとになるようにしておくのもいいですが、一日30分くらいはせめて携帯と離れていたいですよね。

おっと、入れるときは大きなバスタブ(湯船)にザバッとかポチャンとか入れないように。

お湯に溶かすタイプの塩や入浴剤は洗面器などで熱いお湯で溶かしてからね。混ぜる棒が欲しければ100円ショップなどで木のスプーンなど買うことも出来ますが、とりあえず割り箸でOKでいいでしょう。

袋にハーブなど入っているタイプは別のパックに分ける方法もありますし、すぐ浴槽から出すという方法もあります。古いやかんを使って軽く煮出して、濃いものを作って分けておいて、週1とか週2とか回数勝負も出来ます。麦茶みたいです(笑)その辺は自分の責任でご自由に加減してください。

面倒な人にはこういうものもあります。ちょっと高いですけどね。

スパセラピー【デトックス・スパ】


薄めのお湯を作ってみて、5分くらい自分に合うか試しましょう。身体を慣らす意味もあります。
あわなかったら正直に自分には刺激が強すぎて他の人に残りを使って頂きたいと説明してヤフオクに出せばいいのです。

色んなデトックス入浴剤を買ってみて少しずつ、分けてとっておいて、「Detox用入浴剤少しずつお試し出来るセット」自分に合う場合は体がほぐれて来たはずです。

ここでお湯がぬるいと感じれば熱めのお湯でまた、継ぎ湯を作れます。
だいたい、普通のお湯でもゆっくりつかれば大量の汗が出ますから
くれぐれも無理して濃い目のデトックス湯を作らないようにしてくださいね。

姉妹サイトでさらに詳しく紹介していこうと思います。



アンチエイジングランキング
by tomoshibi | デトックス関連

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

デトックス入浴剤 実践編: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年04月28日

デトックス入浴剤 実践編

 
続き物ですので、検索でいらした方は、デトックス入浴剤 考え方編へのリンクで前編を確認してくださいね。

さて・・・こつは一度にやらずに、まずは様子を見るのです。
もしかしたら匂いや刺激があって嫌いかもしれませんよ。
後で熱いお湯を足すときにまた調節できるからちょうどいいし。

説明書より半分の少し熱めのお湯をはり、一回分の4分の1をお湯に入れます。
つまり、濃度が普通より半分、お湯の量も半分です。消費量は4分の1

・・せこいですか? まあ聞いてくださいよ(笑)

多分その1/2の濃度でも結構濃いですよ。なぜか?

バスソルトの半分は輸入品です。英語表記に日本語のシールを張ったものとかありますよね。今後日本でメジャーになれば日本製も多くなるでしょうが。それは西洋のバスタブにたっぷり水を入れて使うために1回分があるから。

日本は普通の入浴剤が沢山あるので、それらのメーカーがデトックス用を出してくると思うんですよね。(追記:結構色々でました。)

というわけで1回分の1/4の量でも濃いことがあるので、半分にしておいたお湯を好きな量だけ足しましょう。熱すぎればぬるいお湯、冬場などは熱いお湯を足していけばいい温度が持続できます。

商品によりますけどね、「20〜30分頑張って入る!」的な説明書きがあると思うのですが、実際は30から50分入れるくらいぬるめでもいいと思います。タイマー・アラームを使って15分したら手で足に水をかけたり、顔を洗うと気持ち良いです。そしてまた入りましょう。



商品購入
FILA エクスプローラウオッチ レッド系

価格:15540
発送時期:1週間以内


イタリアンテイストの溢れるカラフルでスポーティなリストウオッチ。アナログ仕様の文字盤には、より視認しやすい時間、分、秒を刻むデジタルの表示の窓。

フェイスのクリスタルガラスをブラックにはブルー、ホワイトにライトグリーン、レッドにはレッドのカラーコーティングを施し、微妙な色の変化が楽しめるように作られています。

ストップウオッチ、10気圧防水、アラーム、カレンダーなどの機能も充実し至れり尽くせり。暗闇でも視認で出来るバックライト付ですので、スポーツやレジャーにもってこいです。




まあこんな時計があればおしゃれですが・・・気にしないなら100円ショップのタイマーでもいいんですよ。そしてジッパーつきの袋がありますよね。あれに入れるんです。袋に入っててもちゃんと音が聞こえますから大丈夫!お風呂のすぐ外に携帯を10分ごとになるようにしておくのもいいですが、一日30分くらいはせめて携帯と離れていたいですよね。

おっと、入れるときは大きなバスタブ(湯船)にザバッとかポチャンとか入れないように。

お湯に溶かすタイプの塩や入浴剤は洗面器などで熱いお湯で溶かしてからね。混ぜる棒が欲しければ100円ショップなどで木のスプーンなど買うことも出来ますが、とりあえず割り箸でOKでいいでしょう。

袋にハーブなど入っているタイプは別のパックに分ける方法もありますし、すぐ浴槽から出すという方法もあります。古いやかんを使って軽く煮出して、濃いものを作って分けておいて、週1とか週2とか回数勝負も出来ます。麦茶みたいです(笑)その辺は自分の責任でご自由に加減してください。

面倒な人にはこういうものもあります。ちょっと高いですけどね。

スパセラピー【デトックス・スパ】


薄めのお湯を作ってみて、5分くらい自分に合うか試しましょう。身体を慣らす意味もあります。
あわなかったら正直に自分には刺激が強すぎて他の人に残りを使って頂きたいと説明してヤフオクに出せばいいのです。

色んなデトックス入浴剤を買ってみて少しずつ、分けてとっておいて、「Detox用入浴剤少しずつお試し出来るセット」自分に合う場合は体がほぐれて来たはずです。

ここでお湯がぬるいと感じれば熱めのお湯でまた、継ぎ湯を作れます。
だいたい、普通のお湯でもゆっくりつかれば大量の汗が出ますから
くれぐれも無理して濃い目のデトックス湯を作らないようにしてくださいね。

姉妹サイトでさらに詳しく紹介していこうと思います。



アンチエイジングランキング
by tomoshibi | デトックス関連

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。