?
2005年03月29日

妊婦と魚介類水銀に関し募集が

妊婦と魚介類水銀に関して意見の募集が始まったようです。
国が公に意見を求める「パブリックコメント」募集です。

このサイトで水銀に関する情報「重金属など有害物質と症状表」「魚介類の水銀と妊婦」を掲載しましたので意見する先についても掲載したいと思います。

「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」の見直しに対する御意見の募集について

URL先の募集要項は残念ながらワード文書か、PDFファイルになりますのでこちらでHTMLで引用しておきますね。郵送でも電子メールでもOKです。

先ずは厚生労働省食品安全部基準審査課からの平成17年8月22日【引用文】


「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」の見直しに対する
御意見の募集について
厚生労働省では、我が国の水銀を含有する魚介類への対応として、平成15年6月に、薬事・食品
衛生審議会食品衛生分科会乳肉水産食品・毒性合同部会の意見を聴いて、サメ、メカジキ、キンメダ
イ、クジラ類の一部について、妊婦を対象とした摂食に関する注意事項を公表しました。
その後、FAO/WHO 合同食品添加物専門家会議において、水銀に関する暫定的耐容週間摂取量につ
いて、発育途上の胎児を十分に保護するため水銀の再評価が実施されたこと、我が国においても継続
的に実施された魚介類の水銀濃度に関する報告が取りまとめられたこと等から、注意事項について見
直しを行うこととし、平成16年7月に食品安全委員会に食品健康影響評価を依頼しました。
今般、食品安全委員会における食品健康影響評価結果が示されたことから、薬事・食品衛生審議会
食品衛生分科会乳肉水産食品部会において審議を行い、「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事
項(案)」をとりまとめました。
つきましては、本注意事項(案)について広く御意見を募集します。御意見のある場合は、下記の要
領により提出して下さい。
なお、提出いただいた御意見に対する個別の回答はいたしかねますので、御了承願います。

1 提出方法
御意見には必ず「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項について」と明記の上、提出
して下さい。
○ 郵送の場合
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課乳肉水産基準係あて
○ 電子メールの場合
電子メールアドレス:foodchain@mhlw.go.jp
厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課乳肉水産基準係あて
(ファイルはテキスト形式でお願いします。)
2 意見提出上の注意
提出いただく御意見は日本語に限ります。また、個人の場合は住所・氏名・職業を、法人の場
合は法人名・所在地を記載して下さい。
なお、提出いただいた御意見については、住所及び電子メールアドレスを除き、公表させてい
ただくことがありますので、あらかじめ御了承願います。
3 今後の予定
提出いただいた御意見を参考にしつつ、薬事・食品衛生審議会における議論を再度行った上で
注意事項を発出することとしています。
(参考)
1.妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しの検討について(概要)(平成17年8月
現在)
2.妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(Q&A)(平成17年8月現
在)
3.食品安全委員会における食品健康影響評価結果(通知文書、評価書)

【引用終わり】

水銀が恐いから魚介類、海藻類食べないではなく、「基本的にメリットのほうが大きい」という前提が先ずあって、その上で「実害がほぼゼロにに近いけど妊婦には過剰摂取を控えるよう助言する」というのが要旨だったと思うのでその辺を冷静にとらえて生活しましょうね。




アンチエイジングランキング

妊婦と魚介類水銀に関し募集が: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年03月29日

妊婦と魚介類水銀に関し募集が

妊婦と魚介類水銀に関して意見の募集が始まったようです。
国が公に意見を求める「パブリックコメント」募集です。

このサイトで水銀に関する情報「重金属など有害物質と症状表」「魚介類の水銀と妊婦」を掲載しましたので意見する先についても掲載したいと思います。

「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」の見直しに対する御意見の募集について

URL先の募集要項は残念ながらワード文書か、PDFファイルになりますのでこちらでHTMLで引用しておきますね。郵送でも電子メールでもOKです。

先ずは厚生労働省食品安全部基準審査課からの平成17年8月22日【引用文】


「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」の見直しに対する
御意見の募集について
厚生労働省では、我が国の水銀を含有する魚介類への対応として、平成15年6月に、薬事・食品
衛生審議会食品衛生分科会乳肉水産食品・毒性合同部会の意見を聴いて、サメ、メカジキ、キンメダ
イ、クジラ類の一部について、妊婦を対象とした摂食に関する注意事項を公表しました。
その後、FAO/WHO 合同食品添加物専門家会議において、水銀に関する暫定的耐容週間摂取量につ
いて、発育途上の胎児を十分に保護するため水銀の再評価が実施されたこと、我が国においても継続
的に実施された魚介類の水銀濃度に関する報告が取りまとめられたこと等から、注意事項について見
直しを行うこととし、平成16年7月に食品安全委員会に食品健康影響評価を依頼しました。
今般、食品安全委員会における食品健康影響評価結果が示されたことから、薬事・食品衛生審議会
食品衛生分科会乳肉水産食品部会において審議を行い、「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事
項(案)」をとりまとめました。
つきましては、本注意事項(案)について広く御意見を募集します。御意見のある場合は、下記の要
領により提出して下さい。
なお、提出いただいた御意見に対する個別の回答はいたしかねますので、御了承願います。

1 提出方法
御意見には必ず「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項について」と明記の上、提出
して下さい。
○ 郵送の場合
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課乳肉水産基準係あて
○ 電子メールの場合
電子メールアドレス:foodchain@mhlw.go.jp
厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課乳肉水産基準係あて
(ファイルはテキスト形式でお願いします。)
2 意見提出上の注意
提出いただく御意見は日本語に限ります。また、個人の場合は住所・氏名・職業を、法人の場
合は法人名・所在地を記載して下さい。
なお、提出いただいた御意見については、住所及び電子メールアドレスを除き、公表させてい
ただくことがありますので、あらかじめ御了承願います。
3 今後の予定
提出いただいた御意見を参考にしつつ、薬事・食品衛生審議会における議論を再度行った上で
注意事項を発出することとしています。
(参考)
1.妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しの検討について(概要)(平成17年8月
現在)
2.妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(Q&A)(平成17年8月現
在)
3.食品安全委員会における食品健康影響評価結果(通知文書、評価書)

【引用終わり】

水銀が恐いから魚介類、海藻類食べないではなく、「基本的にメリットのほうが大きい」という前提が先ずあって、その上で「実害がほぼゼロにに近いけど妊婦には過剰摂取を控えるよう助言する」というのが要旨だったと思うのでその辺を冷静にとらえて生活しましょうね。




アンチエイジングランキング