2007年10月27日

自分に置きかえる

私達人間は日常で
自分達がどれだけ恵まれているか
ということには目を向けず

身内がいやな目に会ったとか、自分が不公平に扱われたとか

正当ではない、正常ではない、快適ではないという
不満に目を向けることが多いかもしれません

それはまた素敵な社会が実現するためのエネルギーに
なることも多く、発明は快適さを求める心からも生まれます

私も大分前につらいことがありました。

このサイトが真似された時はぐったりしてしまいました。
このサイトとまったく同じテンプレート、色合いで

ひどい広告だらけ 

デトックスのキーワードがたくさん
ニックネームまで「とも」という言葉を使い

あきらかにこのサイトを意識して作ったものだからです


不自然な文章、広告だらけ、
さらに別のまともなデトックスサイトへ
リンクを向けてそこではじょうずな事になっていました。

私としては
「一応、心あるサイトを作ってきたつもりだったのに・・・」


でも、悪いことをすること自体が
自分自身を痛めつけていることと同じこと
と考えて放置しておきました。

(このサイトがほとんど更新されないこととは無関係です)

まあそんなことはいいのですが

自分がされて嫌な事はしない方がいいということ また、
人がつらい目に遭っている事は自分のことと想像してみる
そういうことを考えてみましょう

自分のこと、家族のこと、親族のこと、同郷の人のこと
同じ国の人のこと 同じ時代に生きている仲間のこと
同じ地球に生まれてきた古今東西の仲間のこと

このように自分の仲間、身内という考えをどこまでか
広げてみることによって 思いやりが大きくなったり
許す心が大きくなったり 
世の為につくそうという心が育ったりするのではないかと

そんなことを思う今日この頃です


自分と他人はどこから分かれているのか
その区別がつきにくくて難しいものなのです
それが悪いように働くこともあります

家族には乱暴な言葉を使ってしまったり
厳しい見方をしてしまう場合など

自分が不幸だと思っている人はどれくらい恵まれているか
世界の平均値に位置づけて考えてみるとか
同じだけ努力した人、同じだけ良心的な人
同じだけ無償でよい事をした人の平均値に位置づけて
考えてみると やっぱり日本人のほとんどは恵まれているわけです

私はというと・・・秋の夜長
エジソンが電球を発明してくれて助かってます(笑)




「かいじょけん」テキストで変換してみて
「介助犬」と出ますでしょうか?

知っていますか?
アトム日記 

心の中にエネルギーが湧いて来るかもしれません


ではまたいつか





アンチエイジングランキング
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/62680637

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。