?
2005年09月24日

あるあるセルライト特集2

セルライトをあるある大辞典でやったことがありました。

今回再び特集するわけですが、今回のセルライト特集はマッサージでセルライトのかたまりをつぶすことを主眼に置くと思います。

まずは心にうったえよう
セルライトか普通の脂肪かに限らず、私はつまんだり押したり、ひねったりしてきたのです。これまで自分で試してきた感じでは、まず、セルライトをはっきりと自分の目に見せるというのが効果的だと思います。

私はデトックスで毒素を輩出してきたからか、同年代の友達よりぶよぶよごつごつの大玉セルライトはそれほど多くないようです。脂肪はありますが、ウォーキングしていることもあって意外に張りがあります。

知り合いも自分にはセルライトはあまりないと思っている人がいましたが、皮をつっぱって引っ張ったりよじったりするとセルライトがはっきり出てきます。かなりわかりやすくなります。(私も良く見るとセルライトの予備軍のように小さいのはあります。)

お尻の下の方、太もも、ひざのすぐ上、二の腕の下の方など試してみましょう。自分の目に焼き付けましょう。そして心理的に「不活性老廃物と脂肪のかたまり、このセルライトをなんとかしよう」と決めるのです。


セルライト対策として私なりにつかんだ感覚

セルライトに対する刺激の基本
手でぎゅっとつかんだり、さすったり、たたいたり、もんだりしてみたのですが、あまり強すぎる力は血管をつぶしたりして、かえって血行が悪くなるように思います。

1.痛くない範囲で軽めに(でもある程度しっかり)つまんでまずは、セルライトを自分の目ではっきりと見ます。(目の見えない方は見える方よりもずっと詳しくすでに指先で感覚をつかんでいらっしゃいますので大丈夫)

2.セルライトが見える状態のまま、しっかりと押さえ、つまんだ状態をスライドさせていきます。おへその周りなら両手でつかんで親指しごきおろしてみてください。はみがきなどのチューブの中身をしごいていく感じにすこし似ています。

3.セルライトに刺激が行くことと血行がよくなるマッサージであることの両面を意識しながら、動物が毛づくろいするように自分の身体をケアしてください。自分の体を大切に手入れする意識をもつことで、気功と同じ効果も期待できます。

4.その感覚が目に見えるところで身についたら、目に見えないところのケアも目に浮かぶようにセルライトが意識できます。

5.セルライトしごきを本格的にやりだすと、自分の身体全体がいとおしく思えてきます。今後もずっと付き合っていく身体ですから大切にしないと損ですね^^ 

6.念入りにやりだすと皮膚を守るためにオイルかクリームのようなものをつけたくなります。つまみながら、ぬる〜〜っと滑らせて行く快感ですね。オリーブオイルや海草ローションなどで安く済ませるのもいいですし、セルライト専用のローションで代謝を活発にするのもいいと思います。

7.両手が使えるところは・・・ひざの上などは両手でつかんだ形でスライドさせるといい感じ 太ももなどはつかんだ両手を相互反対(互い違いの方向に)に押ししごくとセルライトをひねりつぶす効果と握力がなくても回転の力をかりて出来るので疲れにくいです。

裏技としてはセルライトマッサージをする前に身体を温めておくというのがおすすめです。
・ウォーキングかジョギングし、その中でセルライトを意識しながら軽くつまんだりもんだりもする。
・帰宅して体が温まっているところで本格的にローションなどでもみしごく(発汗、代謝をあげるローションもあるのでその日運動できなかった人はおすすめです)
・手が疲れた時や、届きにくいところをやるときは軽く叩いたり、電動マッサージ器などで刺激する

【ハマった!コスメ】ランキング第1位を3週連続獲得!オンバイオフ ボディマジックファーミンでセルライトを


早めの夕食→胃が落ち着いてからの運動→セルライトマッサージ→お風呂で温熱 の流れが私には続けやすいと思います。みなさんも自分のサイクルを模索してみてくださいませ〜




20050925 tomoshibi
 




アンチエイジングランキング
by tomoshibi | あるある大事典2

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

あるあるセルライト特集2: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年09月24日

あるあるセルライト特集2

セルライトをあるある大辞典でやったことがありました。

今回再び特集するわけですが、今回のセルライト特集はマッサージでセルライトのかたまりをつぶすことを主眼に置くと思います。

まずは心にうったえよう
セルライトか普通の脂肪かに限らず、私はつまんだり押したり、ひねったりしてきたのです。これまで自分で試してきた感じでは、まず、セルライトをはっきりと自分の目に見せるというのが効果的だと思います。

私はデトックスで毒素を輩出してきたからか、同年代の友達よりぶよぶよごつごつの大玉セルライトはそれほど多くないようです。脂肪はありますが、ウォーキングしていることもあって意外に張りがあります。

知り合いも自分にはセルライトはあまりないと思っている人がいましたが、皮をつっぱって引っ張ったりよじったりするとセルライトがはっきり出てきます。かなりわかりやすくなります。(私も良く見るとセルライトの予備軍のように小さいのはあります。)

お尻の下の方、太もも、ひざのすぐ上、二の腕の下の方など試してみましょう。自分の目に焼き付けましょう。そして心理的に「不活性老廃物と脂肪のかたまり、このセルライトをなんとかしよう」と決めるのです。


セルライト対策として私なりにつかんだ感覚

セルライトに対する刺激の基本
手でぎゅっとつかんだり、さすったり、たたいたり、もんだりしてみたのですが、あまり強すぎる力は血管をつぶしたりして、かえって血行が悪くなるように思います。

1.痛くない範囲で軽めに(でもある程度しっかり)つまんでまずは、セルライトを自分の目ではっきりと見ます。(目の見えない方は見える方よりもずっと詳しくすでに指先で感覚をつかんでいらっしゃいますので大丈夫)

2.セルライトが見える状態のまま、しっかりと押さえ、つまんだ状態をスライドさせていきます。おへその周りなら両手でつかんで親指しごきおろしてみてください。はみがきなどのチューブの中身をしごいていく感じにすこし似ています。

3.セルライトに刺激が行くことと血行がよくなるマッサージであることの両面を意識しながら、動物が毛づくろいするように自分の身体をケアしてください。自分の体を大切に手入れする意識をもつことで、気功と同じ効果も期待できます。

4.その感覚が目に見えるところで身についたら、目に見えないところのケアも目に浮かぶようにセルライトが意識できます。

5.セルライトしごきを本格的にやりだすと、自分の身体全体がいとおしく思えてきます。今後もずっと付き合っていく身体ですから大切にしないと損ですね^^ 

6.念入りにやりだすと皮膚を守るためにオイルかクリームのようなものをつけたくなります。つまみながら、ぬる〜〜っと滑らせて行く快感ですね。オリーブオイルや海草ローションなどで安く済ませるのもいいですし、セルライト専用のローションで代謝を活発にするのもいいと思います。

7.両手が使えるところは・・・ひざの上などは両手でつかんだ形でスライドさせるといい感じ 太ももなどはつかんだ両手を相互反対(互い違いの方向に)に押ししごくとセルライトをひねりつぶす効果と握力がなくても回転の力をかりて出来るので疲れにくいです。

裏技としてはセルライトマッサージをする前に身体を温めておくというのがおすすめです。
・ウォーキングかジョギングし、その中でセルライトを意識しながら軽くつまんだりもんだりもする。
・帰宅して体が温まっているところで本格的にローションなどでもみしごく(発汗、代謝をあげるローションもあるのでその日運動できなかった人はおすすめです)
・手が疲れた時や、届きにくいところをやるときは軽く叩いたり、電動マッサージ器などで刺激する

【ハマった!コスメ】ランキング第1位を3週連続獲得!オンバイオフ ボディマジックファーミンでセルライトを


早めの夕食→胃が落ち着いてからの運動→セルライトマッサージ→お風呂で温熱 の流れが私には続けやすいと思います。みなさんも自分のサイクルを模索してみてくださいませ〜




20050925 tomoshibi
 




アンチエイジングランキング
by tomoshibi | あるある大事典2

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。