?
2005年09月30日

アスベスト問題2/2国際的な流れ

アスベストの問題意識はどのように変化したのでしょうか。

アスベスト問題はどこから1/2
前編はこちらです↑

1980年代 石綿類が身体によくないという説は前々からあったようではあるが問題視されていなかった。

1990年代 石綿有害説が本格的に出始める

1995ごろ 断熱・絶縁などに利用されていたとされる青石綿(クロシドライト:crocidolite)茶石綿(アモサイト:amosite)が禁止に
1999〜2000 ごろ アスベストグレーの時代(Named by tomoshibi)に入る・・・一方で全ての石綿が悪いという公式発表もありながら他方で白石綿は問題ないという公式見解が産出国の国益も関わり国際的にも多様に行きかう

その後グレー時代から黒の時代へ
ヨーロッパ諸国は輸入禁止の方向 アメリカは生産停止輸入は埋蔵量世界最大とされるカナダのお得意様に 主要産出国:ロシア、カナダ アスベスト問題意識が低いアジア、アフリカ諸国に積極的に輸出

 石綿有害説が本格的に出始める

1995ごろ 断熱・絶縁などに利用されていたとされる青石綿(クロシドライト:crocidolite)茶石綿(アモサイト:amosite)が禁止に
1999〜2000 ごろ アスベストグレーの時代(Named by tomoshibi)に入る・・・一方で全ての石綿が悪いという公式発表もありながら他方で白石綿は問題ないという公式見解が産出国の国益も関わり国際的にも多様に行きかう

その後グレー時代から黒の時代へ
ヨーロッパ諸国は輸入禁止の方向 アメリカは生産停止輸入は埋蔵量世界最大とされるカナダのお得意様に 主要産出国:ロシア、カナダ アスベスト問題意識が低いアジア、アフリカ諸国に積極的に輸出

2005 先進国で白石綿が本格的に禁止に 日本もそれにならう

書籍 環境をまもる情報をつかむ 早わかり「アスベスト」早わかり「アスベスト」


現在のところ、直接の問題は石綿が「有害粉塵になる」ということです。飛散の性質がたばこの煙に近いほどの微細な粉塵が恒常的に舞散っていることがあったなら・・・それが石綿取扱い工場近隣のの問題になっているということです。

アスベスト問題を取り上げるようです。
9月29日
NHKニュース10 PM10:00 の中のコーナーとして
「気づかれないまま33年中学校のアスベストはなぜ除去されなかったのか」

体腔液細胞診アトラス体腔液細胞診アトラス  ノンアスベスト社会の到来へ
 
29日に完成してUPするだけでしたが、事情で今ごろのUPになってしまいました
 20050930 tomoshibi


アンチエイジングランキング

アスベスト問題2/2国際的な流れ: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年09月30日

アスベスト問題2/2国際的な流れ

アスベストの問題意識はどのように変化したのでしょうか。

アスベスト問題はどこから1/2
前編はこちらです↑

1980年代 石綿類が身体によくないという説は前々からあったようではあるが問題視されていなかった。

1990年代 石綿有害説が本格的に出始める

1995ごろ 断熱・絶縁などに利用されていたとされる青石綿(クロシドライト:crocidolite)茶石綿(アモサイト:amosite)が禁止に
1999〜2000 ごろ アスベストグレーの時代(Named by tomoshibi)に入る・・・一方で全ての石綿が悪いという公式発表もありながら他方で白石綿は問題ないという公式見解が産出国の国益も関わり国際的にも多様に行きかう

その後グレー時代から黒の時代へ
ヨーロッパ諸国は輸入禁止の方向 アメリカは生産停止輸入は埋蔵量世界最大とされるカナダのお得意様に 主要産出国:ロシア、カナダ アスベスト問題意識が低いアジア、アフリカ諸国に積極的に輸出

 石綿有害説が本格的に出始める

1995ごろ 断熱・絶縁などに利用されていたとされる青石綿(クロシドライト:crocidolite)茶石綿(アモサイト:amosite)が禁止に
1999〜2000 ごろ アスベストグレーの時代(Named by tomoshibi)に入る・・・一方で全ての石綿が悪いという公式発表もありながら他方で白石綿は問題ないという公式見解が産出国の国益も関わり国際的にも多様に行きかう

その後グレー時代から黒の時代へ
ヨーロッパ諸国は輸入禁止の方向 アメリカは生産停止輸入は埋蔵量世界最大とされるカナダのお得意様に 主要産出国:ロシア、カナダ アスベスト問題意識が低いアジア、アフリカ諸国に積極的に輸出

2005 先進国で白石綿が本格的に禁止に 日本もそれにならう

書籍 環境をまもる情報をつかむ 早わかり「アスベスト」早わかり「アスベスト」


現在のところ、直接の問題は石綿が「有害粉塵になる」ということです。飛散の性質がたばこの煙に近いほどの微細な粉塵が恒常的に舞散っていることがあったなら・・・それが石綿取扱い工場近隣のの問題になっているということです。

アスベスト問題を取り上げるようです。
9月29日
NHKニュース10 PM10:00 の中のコーナーとして
「気づかれないまま33年中学校のアスベストはなぜ除去されなかったのか」

体腔液細胞診アトラス体腔液細胞診アトラス  ノンアスベスト社会の到来へ
 
29日に完成してUPするだけでしたが、事情で今ごろのUPになってしまいました
 20050930 tomoshibi


アンチエイジングランキング