?
2005年11月04日

大豆イソフラボンとりすぎの危険01

健康食品として人気の大豆。

なかでも「大豆イソフラボン」は大ブームの大豆由来の成分ですね。しかし、取りすぎると逆にがん発生リスクを高める恐れがある という発表がありました。

イソフラボンは、美容やがんに効果があるとされる成分なのに、どうしたことでしょうか。

実は、「食品安全委員会」が1日の摂取量の目安を検討したのだそうです。すると、意外に少ない量が適切となってしまったということらしいです。

醤油、味噌、豆腐、納豆、豆乳と国民食とまでいわれるほど親しまれている大豆。

何が問題なのでしょうか? もちろん健康効果が基本的にあるという前提で考えてかまわないと思います。ただ、むやみにとりすぎる必要は無いようです。

大豆食品は最近の健康ブームで、血液サラサラ効果からボケ防止まで、さまざまな健康効果があるとされています。

納豆などは、有名な納豆キナーゼなど、いろいろな栄養素を含み、近年需要が増加しているところです。


イソフラボンは植物エストロゲンとも言われています。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするということが有名です。

エストロゲンは加齢に従い分泌量が減り、更年期障害、乳がんや前立腺(せん)がんの予防効果、美容効果が期待されている成分です。

また特に大豆イソフラボン含有量が多い豆乳は需要が急拡大。豆乳デザートなども開発され、生産量は5年前の4倍にもなるブームとなっているそうです。

実際のところ納豆2パック以上食べる必要は無いようだという目安が出ています。

さらに詳しい内容は大豆イソフラボンとりすぎの危険02でお知らせしようと思いますが、先ずはとにかく早めにお知らせしようと思い、速報的に紹介しました。ではまた明日にでも。


2005年11月4日20時30分


追加:大豆イソフラボンとりすぎの危険02


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック

大豆イソフラボンとりすぎの危険01: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年11月04日

大豆イソフラボンとりすぎの危険01

健康食品として人気の大豆。

なかでも「大豆イソフラボン」は大ブームの大豆由来の成分ですね。しかし、取りすぎると逆にがん発生リスクを高める恐れがある という発表がありました。

イソフラボンは、美容やがんに効果があるとされる成分なのに、どうしたことでしょうか。

実は、「食品安全委員会」が1日の摂取量の目安を検討したのだそうです。すると、意外に少ない量が適切となってしまったということらしいです。

醤油、味噌、豆腐、納豆、豆乳と国民食とまでいわれるほど親しまれている大豆。

何が問題なのでしょうか? もちろん健康効果が基本的にあるという前提で考えてかまわないと思います。ただ、むやみにとりすぎる必要は無いようです。

大豆食品は最近の健康ブームで、血液サラサラ効果からボケ防止まで、さまざまな健康効果があるとされています。

納豆などは、有名な納豆キナーゼなど、いろいろな栄養素を含み、近年需要が増加しているところです。


イソフラボンは植物エストロゲンとも言われています。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするということが有名です。

エストロゲンは加齢に従い分泌量が減り、更年期障害、乳がんや前立腺(せん)がんの予防効果、美容効果が期待されている成分です。

また特に大豆イソフラボン含有量が多い豆乳は需要が急拡大。豆乳デザートなども開発され、生産量は5年前の4倍にもなるブームとなっているそうです。

実際のところ納豆2パック以上食べる必要は無いようだという目安が出ています。

さらに詳しい内容は大豆イソフラボンとりすぎの危険02でお知らせしようと思いますが、先ずはとにかく早めにお知らせしようと思い、速報的に紹介しました。ではまた明日にでも。


2005年11月4日20時30分


追加:大豆イソフラボンとりすぎの危険02


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック