?
2005年11月14日

あるあるで紹介カブ、実はリゾチウムは

カブがあるある大事典2で取り上げられまして
風邪予防・粘膜などに良い効果があるだとかその他にも、

かぶ+魚の相性が良いということでぶりと煮付けにする

茎や葉をあらってベーコンと炒めて食べると良い(カロテンが含まれるから)
ベータカロテン(脂溶性)の吸収が炒めると良くなる
塩、コショウだけで味付けOK

リゾリウム(リゾチューム)やβカロテンで総合的に風邪対策にとても良いなどというお話でした。

リゾチウムは「塩化リゾチウム配合」という風邪薬のコマーシャルを聞いた方も多いと思います。

塩化リゾチウムとは玉子を使ってつくるようです。卵白の中にリゾチウムがもともと含まれているそうで、雑菌などを防ぐ役目を担っていると考えられています。

そういえば、玉子は生鮮の動物性たんぱく質です。たとえば、魚や、肉、貝などと栄養的には近いですね。なのに何日も保存がききます。

そう考えてみるとなるほどと思いました。

植物の種や卵は、どれも環境変化に強いように出来ています。魚の卵も熱に強いため、魚が熱で死んでも卵が生き残ることがあります。

表記
カブはかぶ、漢字で書くと蕪です。リゾチウムは、リゾチームやリゾチュームと同じです。
ベータカロテンはベータカロチンのほうがわかりやすいかもしれませんね。βカロチンやβカロテンとも表記するようです。


風邪予防というと色々あるのですが、色々見てみるとこれがなんだか美味しそうです(笑)

これは、マヌカハニーというものです。他のハチミツにはない、優れた特殊な作用があることが実証されているそうです。

健康と風邪予防 ニュージーランドのはちみつクリームハニー・お徳用500g 

思いっきりテレビ でも紹介されたようです。どんな作用か、こんなのがあるんだなと見ておくだけでも話の種になりますね。


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック

あるあるで紹介カブ、実はリゾチウムは: デトックスで毒素排出健康効果!
2005年11月14日

あるあるで紹介カブ、実はリゾチウムは

カブがあるある大事典2で取り上げられまして
風邪予防・粘膜などに良い効果があるだとかその他にも、

かぶ+魚の相性が良いということでぶりと煮付けにする

茎や葉をあらってベーコンと炒めて食べると良い(カロテンが含まれるから)
ベータカロテン(脂溶性)の吸収が炒めると良くなる
塩、コショウだけで味付けOK

リゾリウム(リゾチューム)やβカロテンで総合的に風邪対策にとても良いなどというお話でした。

リゾチウムは「塩化リゾチウム配合」という風邪薬のコマーシャルを聞いた方も多いと思います。

塩化リゾチウムとは玉子を使ってつくるようです。卵白の中にリゾチウムがもともと含まれているそうで、雑菌などを防ぐ役目を担っていると考えられています。

そういえば、玉子は生鮮の動物性たんぱく質です。たとえば、魚や、肉、貝などと栄養的には近いですね。なのに何日も保存がききます。

そう考えてみるとなるほどと思いました。

植物の種や卵は、どれも環境変化に強いように出来ています。魚の卵も熱に強いため、魚が熱で死んでも卵が生き残ることがあります。

表記
カブはかぶ、漢字で書くと蕪です。リゾチウムは、リゾチームやリゾチュームと同じです。
ベータカロテンはベータカロチンのほうがわかりやすいかもしれませんね。βカロチンやβカロテンとも表記するようです。


風邪予防というと色々あるのですが、色々見てみるとこれがなんだか美味しそうです(笑)

これは、マヌカハニーというものです。他のハチミツにはない、優れた特殊な作用があることが実証されているそうです。

健康と風邪予防 ニュージーランドのはちみつクリームハニー・お徳用500g 

思いっきりテレビ でも紹介されたようです。どんな作用か、こんなのがあるんだなと見ておくだけでも話の種になりますね。


アンチエイジングランキング
この記事へのコメント
おそるおそるコメントを書く
ニックネーム

(メールアドレス)

(ホームページアドレス)

コメント

この記事へのトラックバック